読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BubbleUPnPを使ってLUMIN AppをHM86につなぐ

前回紹介したLUMIN AppでXC-HM86をコントロールするには、「BubbleUPnP Server」というサーバプログラムを使う。

LUMIN Appは「OpenHome」という規格の世界で動作する。

XC-HM86などのネットワーク対応のミニコンポは「DLNA」という規格の世界で動作する。

OpenHomeとDLNAは互換性がないので、LUMIN AppからはXC-HM86を制御できない。

だが、BubbleUPnP Serverを使うと、OpenHomeとDLNAの世界の橋渡しをしてくれる。いわゆるゲートウェイというやつだ。

原理的には、BubbleUPnP ServerにXC-HM86を登録することで、LUMIN Appからは、BubbleUPnP ServerがOpenHome対応のHM86に見える。

HM86からはBubbleUPnP ServerがDLNAのリモコンアプリ(DMC)に見える。

LUMIN AppからOpenRoom仕様の再生コマンド送れば、BubbleUPnP ServerがDLNA仕様の再生コマンドに変換してHM86に送ってくれるので、LUMIN AppからHM86が制御できるようになる。

 

ちなみにキューの音楽再生中は、1つの曲の再生が終わると、HM86はBubbleUPnP Serverに再生が終わったことを伝えて、BubbleUPnP Serverが次の曲の再生を指示することで、再生キューの連続再生を実現してる。そのため、連続再生中はLUMIN App動作中のスマホがスリープに入っていても問題ない。

ちなみに再生キューはBubbleUPnP Serverが保持してる。

と、このようにBubbleUPnP ServerとLUMIN Appのおかげで、お手頃価格のDLNAネットワークオーディオでもOpenHomeばりの快適性を体験できる(真のOpenHomeがどんなものかは知らないんだけど)。

実にありがたい。